バキバキの上半身

上半身の筋力トレーニングは、腕・胸・腹筋・肩・背中と、5つの部位に分けることができます。服を脱いだときにがっちりした体型を披露すると、周囲からは驚嘆の声があがるでしょう。初心者が試して欲しい自重トレーニングの方法をご紹介します。

腕立て伏せまずはプッシュアップを見てみましょう。いわゆる腕立て伏せですが、大胸筋を刺激するトレーニングです。手の位置は肩幅より広く、床につけてください。身体を下ろすときは息を吐き、持ち上げるときに息を吸いましょう。ちなみに、手の位置を肩幅より狭くすると、腕を刺激できます。

次にクランチです。腹筋を鍛えるトレーニングですが、いわゆる普通の腹筋の姿勢をしましょう。膝を曲げ、両手を頭の後ろに置き、肩甲骨を持ち上げる程度に身体を起こします。目線は自分のおへそを見るようにして、腹筋を刺激してください。

背中を鍛えるならバックエクステンションです。うつぶせに寝て頭に両手を置き、上体のみを反らしましょう。背中を刺激していると感じるところまで、上半身を持ち上げます。腰を痛めることがあるため、腰痛には注意しながら行いましょう。

胸・背中・腹筋のトレーニングを紹介しました。鍛えている筋肉の周辺も刺激されるため、上半身全体に刺激が与えられるはずです。バキバキの上半身を目指して頑張ってみましょう。次は下半身を鍛える方法について紹介します。