たんぱく質を摂る

ボディメイクの8割は食事で決まると言います。そのため、筋力トレーニングを始める前に覚えておきたいのが食事です。どのような食生活を心がけるとよいでしょうか。

鶏肉理想的な食生活は低カロリー高たんぱくです。鶏肉のささみやムネ肉は、低カロリーながらたんぱく質が豊富に含まれています。できるだけ塩分や糖分を加えず、シンプルな調理法で調理するのがよいでしょう。

豆腐や納豆も貴重なたんぱく源です。植物性たんぱく質が豊富に含まれているため、筋力トレーニングをしているときは積極的に摂取しましょう。ベジタリアンのボディビルダーもいますが、彼らのたんぱく源は大豆食品であることも少なくありません。動物性たんぱく質以外を摂取したい人にはおすすめです。

本格的に筋肉をつけるときのたんぱく質は、体重×2gのたんぱく質が理想とされています。食事だけで摂取するのは現実的ではありません。プロテインからたんぱく質を摂取するのが望ましいでしょう。

なお、身体が一食あたりで摂取できるたんぱく質は、30g程度が限度と言われています。毎食バランスよくたんぱく質を摂取しながら、間食ではプロテインバーを食べるなどして、たんぱく質を補うようにしてください。